ANALYZE LAB
無料相談はコチラ
無料相談
COLUMN

コラム

2020/9/2
プログラミング
「THE 普通」のミナトが専業になった軌跡

 

はじめまして、イクメントレーダーミナトです

 

 

僕がバイナリーオプションを始めたのは、

ちょうど1年前になります。

 

1年前と聞くと随分短いと感じる方もいるかも知れません。

 

 

正直僕も、ちょうど1年前までは

バイナリーオプションで大きな利益を上げたり、

自分自身でプログラミングを行ったり、

ましてや誰かにそれを教える立場になることなんて

全く想像できないTHE 普通の人でした。

 

 

今となって思うは、投資についての学び方や向き合い方が、

"普通とは違っていた”のが良かったのだと思います。

 

 

僕がバイナリーオプションを始めてから、

まず初めに行ったのが「バックテスト」の勉強でした。

 

その後の半年間は、自動売買だけで毎月ミリオンを達成しています。

 

 

この「自動売買」で毎月コンスタントに稼ぐことができるのも、

「バックテスト」から得られる数値を理解しているからです。

 

 

バイナリーオプションというと、

「ロジック」ばかりが注目されがちです。

 

もちろん「ロジック」も大切なのですが、

実際のところ、それ以上に大切なことが沢山あります

 

 

正直、自分が努力を積み重ねてきた技術であり、

自分が成果を上げている大事な秘密でもあります。

 

ここで、その全部を話してしまうと、

何ページにもなってしまいますので、

それについては徐々にお話していきたいと思います。

 

 

なぜ、そんな大事な秘密を皆さんにお話するかというと、

はっきり申し上げますが「宣伝」でございます。(笑)

 

 

僕がメイン講師を務める「Analyze Labo」という学校に

皆さんに興味を持っていただきたいことが本音です。

 

 

当然、メイン講師を務めている以上は、下手なことは書けません。

 

 

その講師陣を代表している、という認識で、

今後このブログを書かせていただきます!!

 

 

「宣伝」とは申し上げましたが、僕はあなたとこのスクールを通して、

「バックテスト」を学び、数値でバイナリーオプションと向き合い、

大きな成果を上げていく仲間になりたいと思っております。

 

 

 

僕自身も相場に触れて1年と短い期間です。

 

 

他の人ともっと繋がることで、より精度の高いトレーダーなるよう

切磋琢磨したいと思っています。

 

 

もちろん、僕からお伝えできることは、

全て生徒の皆さんに余すことなくお伝えしていくつもりです。

僕の手法は再現性が高いことが魅力だと思っています。

 

 

「THE 普通」の僕がたった1年でモノにした手法。

つまり、僕のやってきたことは、「誰でもできる」ということ。

 

 

如何に僕が「THE 普通」であるのか、

まずは自己紹介させてください。

 

 

わざわざ載せるものでもないのですが、

こんなに普通な人でも投資で資産を増やせるんだ

ということを証明していきたいと思っています。

 


 

イクメントレーダーミナトの半生

 

 

自分の幼少期のお話をするのは、なんとも恥ずかしいですが、

極端にお金に困っていた訳でもなく、

なんでも欲しいものが言える家庭ではありませんでした。

 

 

そして、いわゆる「才能」と呼ばれるものにも恵まれる方ではなく、

普通の子どもでした。

 

 ・小中高大と公立の学校

 ・中高の部活は続けることができず、1年ほどで帰宅部に

 ・大学も診療放射線技師になるために通う4年間

 ・サークルもせずに大学はバイトに明け暮れる日々

 ・就職後も、病院勤務で淡々と毎日を過ごす日々

 

という経緯をたどり、選択肢は、地元の国公立の高校、大学の一択でした。

そこに通うためにも、毎日バイトを自分でしながら通っていました。

 

 

大学の頃は、それこそ学業が疎かになってしまうほど、

塾の先生として、バイトに打ち込んでいました。

 

 

 

そこで、感じたことは、

 

お金を稼ぐのに、時間を代償とするのには、限界がある

 

ということでした。

 

 

それこそ、塾講師だけでなく、他にも色々なバイトを掛け持ちしておりましたが、

やはり、大学と両立しながらでは、月に15万くらいが限界でした。

 

(塾の講師も時給は悪くないほうなのですが。。。)

 

 

この経験が理由で、後に投資というものに興味を持つことになるのですが、

今まで、愚直に過ごしていた当時の僕には、その手段は頭の片隅にも浮かびませんでした。

 

 

でも、日々過ごす中、自身の根底に、

 

時間を自由に過ごす財力が欲しい

 

という思いは常に持っていました。

 

 

それは、自分自身のためにも、ですが、

何より子どもにお金で制限を加えたくないことが1番大きかったです。

 

 

そんな意識を片隅に、淡々と働きながら日々を過ごし、

20代最後の1年にやっと「投資」というものと真剣に向き合おうと思いました。

 

 


 

投資との向き合い方

 

そう思い、実際にネットで調べてみると、

だいたい甘い誘い文句で都合の良いことしか書かれていませんでした。

 

 

正直、今まで「普通」に過ごしてきた手前、

なかなか「投資」という世界に慣れないためか、

そのような話は簡単に耳には入って来ませんでした。

 

 

というよりは、

 

「ああ、この人たちは、特別な能力の持ち主なのかなぁ」

 

なんて思って、自分には「マネできない」と思い、

あまり魅力的には映りませんでした。

 

 

それに、人の言うことを鵜呑みにして、自分で検証せず、

お金を稼ぐことが出来るとは思えませんでした。

わからないことに、わからないまま手を出すのが、

「怖い」という気持ちもあったかもしれません。

 

 

そんな中、「バックテスト」というモノを武器に相場と戦っている記事を見て、

バイナリーオプションという投資に興味を持つようになりました。

 

 

そして、「Analyze Labo」という、

 

プログラミング技術を身に付け、検証を繰り返し、バックテストを武器に投資と向き合う

 

学校の存在を知りました。

 

 

これこそ、僕が求めているもので、

誰かに言われたことを中身がわからずに守るのではなく、

 

自分で考えて相場と向き合える手段

 

の勉強ができる!

と思って、意気揚々と学び始めました。

 

 

僕自身、今まで「THE 普通」だったせいで、

いわゆる「天才」と呼ばれる人のように、

センスや感覚でうまくいくといった経験は一度も有りません。

 

失敗を回避するためには、淡々と努力することしかしてきませんでした。

だからこそ、道標があれば、とことん突き進むことができました。

(いわゆる、学校のテストと同じですよね。)

 

 

 

「投資」って何が難しいって、

 

正解が存在しない

 

ということだと思っています。

 

 

 

稼いでいる人が正解とは言われますが、

勉強の方法という意味での正解は、やはりありません。

 

むしろそれが、投資を学ぶという事の「普通」なのかもしれません。

 

どのような勉強法が有効かわからないから、

 

 ・人の作ったインジに頼ってしまう。

 ・人の語っている手法を信じてしまう。

 

ということが起きてしまうのだと思います。

 

 

 

だからこそ、逆に僕は考えました。

その勉強の仕方さえわかってしまえば、後はやるだけじゃないですか!!と。

 

 

こんなに凄いことあります??

 

 

やることが明確で、それをやっていれば、資産を増やすことができる。

そんな機会を僕は逃したくない!!

 

と思って、早速バックテストの勉強を始めました。

 

 

これが、僕の自己紹介と投資に至った経緯になります。

 

 

ここから、僕がどうして月間でミリオンを外さない自動売買制作に至れたのか、

また、安定して勝てるようになった経緯を今後のブログで書いていきたいと思います!

 

 

InstagramとTwitter、LINE@でも配信していますので、

ご興味のある方は、登録の方、よろしくお願いします!!

 

 

それぞれで違った内容の情報を配信していきたいと思います!

これから、よろしくお願いいたします!!

2020/9/8
プログラミング
なんで、バイナリーオプションなの?
2020/9/2
プログラミング
「THE 普通」のミナトが専業になった軌跡