ANALYZE LAB
無料相談はコチラ
無料相談
COLUMN

コラム

2020/9/2
投資
「THE 普通」の僕でもできた投資の1st STEP

 

「勉強」ほど自分を守ってくれるものはない

 

学校では、

「こんなの勉強して、将来何に役立つの?」

なんて言って、勉強をしてこなかった人も多いのではないでしょうか。

僕もそうでしたが、今こそ、その「役立つ」勉強をするべき時です!

 

 

 

皆さん、こんにちは。

ミナトです!

 

 

いきなりですが、皆さんは投資というワードから、

どんなことを想像しますか?

 

また、そのなかでも「FX」のイメージはどんなものでしょうか。

 

 

僕自身、「投資ってどんなものなんだろうか」と興味を抱いたときには、

「別世界」のものというイメージが先行していました。

 

 

特に「FX」というワードに関しては、

借金を背負うリスクがあるものという印象しかありませんでした。

 

 

ただ、それは「恐怖」ということではなく、

単に知らないことから生まれている印象でしたね。

 

 

まず、そもそも、なんで「FX」で借金を背負うことになるのか、

全く理解できませんでしたし、

 

「言うほど資金が増えることもないでしょ。」

「お金がある人がするマネーゲームじゃない?」

 

という印象でした。

 

 

そこで、世の皆さんがどのようなイメージを持っているのかを調べたところ、

僕と似たような意見も見られました。

 

 

以下は、マイボイスコムという会社が実施した、

「FX」に関するアンケート内のコメントの一部です。

 

 

FXのイメージは?

 

 ・副業としてちょっとお金に余裕のある人が行っているもの。

 ・手持ちの金額の何倍も取引することができて怖い。

 ・株以上に動きが激しくて、素人が手を出しても稼ぐのはほぼ無理。

 ・インターネットでもうかる!と宣伝しているものも多く、詐欺も多そう。

 ・よく理解できない金融の取引は怖いので手出しをしたくない。

 

⇧参考サイト

 

 

そして、上記サイト内にも記載されていますが、

 

FXに関して、58.9%の方が「取引したいと思わない」と回答しています。

「あまり取引したいと思わない」と回答している人が17.5%いることも考慮すると、

約75%以上の人がFX取引を行いたくない思っていることがわかります。

 

 

やはり、世の意見を見ても、FXに関して、あまり良い印象はなく、

触れたいと思っている人が少ないことがわかりました。

 

 

確かに深く知らないものには「触れない」というのは、「絶対の防御」になりますし

「資金が減る」「借金の可能性」なんて印象があったら、

なかなか踏み出せないですし、取引しようとすら思わないですよね。

 

 

でも、何も知らずに判断するのはちょっと勿体ない気がしたので、

僕はまず知るということだけでもしてみようと思いました。

 

 

そんな中で、今回は僕が本当に最初にしてきた「投資」の勉強のお話をします。

 

 


 

投資に関して無知だった僕がまずしたこと

 

 

「投資」と一言で言っても様々なものがありますが、

僕はその投資の中でも始めに触れたものがFXというものでした。

 

 

「株」というものにも興味はあったのですが、

 

 ・数多くの銘柄

 ・新聞で毎日情報収集

 ・長期での保有

 

というイメージを当時の僕は持っていたので、

自分とは合わないと判断し、消去法で「FX」から勉強することにしました。

 

 

その勉強を始めたときは、

 

「これから取引をして稼ぐから、頑張って勉強するぞ!!!」

 

という考えは一切なく、

 

「まずは知ってみたいなー。」

 

なんて考えから始めました。

 

 

 

ですので、その勉強方法もかなり緩く、本を軽く読み始めるものでした。

 

その内容も、まずは「FX」とは何か、という内容のものを選びましたし、

そもそもなんで借金が発生するのかすらもわからない状態でしたので、

その原因を探るべく、軽い気持ちで本を探していました。

 

 

そこで、手に取ったものが、

「いちばんカンタン! FXの超入門書」

 

 

という本でした。

 

見るからに初心者が触れそうなタイトルですが(笑)

 

 

 

これを選んだ理由はシンプルで、

 

「普通の僕にもわかりそうだったから」

 

結局、取引して勝ちたい!!と強く願って選んだわけではないので、

「FX」とは何か?ということがわかって、最後まで読める本を選びました。

 

 

「イラスト付き」でわかりやすく

 

 ・そもそも、どうして値が動くのか

 ・一般的なロウソク足の読み方

 ・FXの取引方法

 

など、本当に基礎中の基礎を知ることができた1冊でした。

 

 

「これを読んだら勝てるようになりました!!」

なんてことは、全くないですが、本当の無知だった僕には、

とても勉強になることばかりでした。

 

 

恥ずかしいことに、この本で「レバレッジ」というものの存在を知り、

どうしてFXで借金が発生するのかも解決することができました。(笑)

 

 

そして、この1冊を今回紹介した理由は、

皆さんにこの本を読んで欲しいから、ということではなく、

 

「知る」って大事ですし、楽しいですよ!

 

ということを伝えたかったからです。

 

 

この1冊を読んだ前後の自分を比較した時の変化として、

 

 ・もっとFXのことを知りたい!

 ・為替って面白いな。

 ・他の視点からも見てみたい!

 

と思っていました。

 

 

こんなことを書いている僕も正直、FXというものに興味を持ってから

この本を読むに至った期間は、短くなかったと記憶しています。

 

でも、いざ勉強してみると、もっと知りたい!と思っている自分がいました。

 

 

 

 

そもそも「投資」なんかに全く興味がありません。

 

という人は確かに苦痛だけの時間になってしまうかも知れませんが、

このブログにたどり着いた、ということは何らかの形で

「投資」というものに興味を持っている方だと思っています。

 

 

そんなあなたに贈りたい言葉がこのブログの冒頭にあります。

 

 

実際、投資に関するアンケートでもあったように、

「取引をしない」というのは絶対防御になります。

 

 

これも上手な向き合い方の1つだと思いますし、

僕も1年前はこの状態でした。

 

故に負けていなかったですし、痛い思いもしていませんでした。

 

まぁ、取引していないんだから当然ですよね。(笑)

 

 

でも、僕は段々と「知らない」から「触れない」というのは、

機会損失なのではないかと考えるようになってました。

 

 

つまり、何かを知らないまま歳を重ねて、

何かのきっかけで後に知るようになって、

 

あの時に知っておきたかった。。。

 

というのは避けたいと思いました。

 

 

だから、まずはある程度の範囲でも、勉強してから、

「触れない」という判断をしても良いのではないか?

 

という気持ちで本を読みはじめました。

 

 

そして、そこから「投資」というものに「触れる」決心したのであれば、

とことん知っている人が勝つゲームだとも思いました。

 

結局のところは、情報戦

 

 

極端な話、次に値が上がるのか、下がるのか、これをカンニングのように

知っている人がもしも居たら、その人は勝率100%ですから。

 

 

つまるところ、「投資」の世界において、

 

自分が得た「知識」ほど守ってくれるものはない

 

というお話です。

 

 

もしも、このブログを読んでくれている人の中で、

勉強せずに投資と向き合おうとしている方がいらっしゃいましたら、

その人は、

 

 ・これから自力で勉強する。

 ・投資をやめる。

 

の2択以外、間違いなく、資金を溶かす一方だと思っています。

 

 

 

でも、このブログにたどり着いた方は、そんな人ではないと思っています。

少なくとも、検索しない限り、このブログに辿り着けませんから。

 

じゃあ、どんな勉強をすれば、その「情報戦」で勝てるの?

って話ですよね。

 

 

その勉強方法を発信していくのが、このブログです。

 

 

今回は、

 

「僕が本当に始めにしたこと」

 

を紹介しましたが、次回以降はもっと深層に触れていきたいと思います!

 

 

自分で得た知識は自分を裏切らないし、

こんなに信用できるものは他にはありません。

 

 

その知識をこれから身に付けていきましょう!!

2020/9/8
投資
なんで、バイナリーオプションなの?
2020/9/2
投資
「THE 普通」の僕でもできた投資の1st STEP
2020/9/2
投資
「THE 普通」のミナトが専業になった軌跡